昆布締め特集

昆布締めってなに? 

昆布締めは、北前船が北海道から持ち込んだ良質な昆布と、富山湾の新鮮で美味しい魚介との出会いから生まれた、江戸時代から続く富山の郷土料理です。

もとは鯛やヒラメなど、淡泊な白身が多かったのですが、最近は「富山湾の宝石」と呼ばれる白エビをはじめ、甘エビ、ホタルイカ、ブリなどの昆布締めも人気が高まり、全国で楽しまれています。

魚正の昆布締め

魚正の昆布締めは「素材の旨味を引き出す」ことにこだわり、ひとつひとつ手作業で丁寧に調理し、魚正独自の味に仕上げました。

また、遠方のお客様にも美味しく食べていただけるよう、素材・お届けする地域に合わせて締める時間を変えるなど、製法にも工夫を凝らしています。

中でも「富山湾の神秘」ホタルイカを北海道産「真昆布」で包み、趣のある味に仕上げたホタルイカの昆布締めは、富山県内だけでなくお取り寄せグルメ・贈答品として全国からご好評をいただいています。

■厳選した朝獲れ魚介

鮮度と味にこだわり、店主自らが県内の漁港を毎朝巡り、獲れたての魚介を仕入れたその日に調理しています。

抜群の鮮度で、旨味がギュッと詰まった魚本来の美味しさをお楽しみください。

■旨味豊かな道産の最高級昆布

味の決め手となる昆布は、北海道で獲れる「真昆布」の中でも、肉厚で幅が広い最高級品を使用しています。

昆布独特の粘りや上品な旨味・甘味・香りが特徴で、昆布締めとの相性がもっとも良いものを厳選しました。

素材にあった部位・厚さの昆布を使い分けることで、魚介と昆布の旨味が絶妙に絡み合う、美味しい昆布締めに仕上げています。

自分流アレンジレシピで楽しむ

昆布締めといったら「わさび醤油」が定番。でも、ちょっとしたアレンジで楽しみ方が広がります。

いくつかレシピをご紹介するので、ぜひ試してみてください。

■ゆず香る和風カルパッチョ

切り分けた赤玉ねぎ、ベビーリーフ、スプラウトと、薄切りにしたお刺身をお皿に盛り付けて軽く塩をふり、ゆずの果汁とオリーブオイルをまわしかければ出来上がりです。

昆布の旨味が染み込んだお刺身とオリーブオイルが相性ぴったりで、ゆずの爽やかな香りも楽しめる一品です。

冷やした白ワイン、ビールなどと一緒にお楽しみください。

■昆布締めと香味野菜のピンチョス

セロリ、みょうが、芽ネギなどをお刺身で巻きやすい大きさに切ります。

切った野菜をお刺身で巻き爪楊枝で留め、お皿に盛り付けて塩、グリーンペッパー、オリーブオイルをかければ出来上がりです。

一口サイズでパーティーメニューにももってこい。白ワインなどと一緒にお楽しみください。

■昆布締めの漬け丼

醤油、酒、みりん、砂糖を合わせ煮立てた甘めのタレに、お刺身をサッとくぐらせアツアツのご飯に盛り付けます。

仕上げに千切りのゆずを飾り付ければ出来上がりです。

出汁と薬味を加え、お茶漬けにしても美味しくいただけます。

ほかにも、炙りにしたりユッケ風にしたりと楽しみ方は色々です。ぜひ、自分流の食べ方・楽しみ方を見つけてださい。